JavaScript

JavaScript

【Vue.js】console.logでUnexpected console statementが出たときの対処法

console.logを入力するとエラーが起こる時の対処法。このエラーは、ESLintという構文検証ツールが表示させている。 エラーを非表示にするには、console.logの上部に「 eslint-disable-next-li...
JavaScript

【Vue.js】コンポーネント間でのデータ受け渡し

親から子へデータを受け渡す 子コンポーネント上でpropsを使って、親から子へ受け渡しをしたい値の変数名を定義していく。propsはプロパティの略。配列かオブジェクトで記載していく。 propsは「,」カンマで区切る事で、複数...
JavaScript

【Vue.js】コンポーネントの登録方法

Vueは、ひとつのインスタンスにつき、ひとつのテンプレートにしか適用されない仕様です。インスタンスを再利用するときは、コンポーネントを使用します。 コンポーネント登録の方法 グローバル登録とローカル登録があります。 グロ...
JavaScript

【Vue.js】CLIを使う

CLIを使うメリット 大規模アプリケーションの開発に用いられるファイルの分割ができる最終的に公開するコードをminファイル化してくれる(軽量化)プラグインの追加が簡単になるHMR(HTMLを変更した時にブラウザーに自動的に保存される...
JavaScript

【Vue.js】インスタンスについてのメモ

Vueインスタンスは複数作成可能 Vueインスタンスは複数作成する事が可能。但し、複雑化することからインスタンスはひとつにまとめることが望ましい。 他のVueインスタンスからアクセスする方法 Vueインスタンスを...
JavaScript

【Vue.js】v- ディレクティブまとめ④~リストレンダリング~

前回までの記事はこちら↓条件分岐ディレクティブ(下記2記事) その他のディレクティブ v-for 配列に基づいて描画する。 配列をそのままリスト表示 dataで指定した配列...
JavaScript

【Vue.js】v- ディレクティブまとめ③~条件分岐補足~

前回のv-から始まるディレクティブまとめはこちら↓※前回はif等の条件分岐についてでした。 その他のv-ディレクティブについてまとめた記事はこちら↓ v-show 切り替えをしたい時につかうディレ...
JavaScript

【Vue.js】v- ディレクティブまとめ②~条件付きレンダリング~

v-から始まるディレクティブのまとめ記事はこちら↓ v-if if文。条件がtrueもしくはfalseの時に実行される。 falseの時に表示したい場合、textをfalseに変更して、v-ifディ...
JavaScript

【Vue.js】computedとmethodの違い

computedとmethodは同じ描画をしてくれますが、下記違いがあります。この違いが公式ページでも書かれていますので、リンクを貼ります。 >vue.js公式ページ computed 依存関係が更新された時だけ実行する。呼び...
JavaScript

【Vue.js】v-ディレクティブまとめ

Vue特有のv-から始まるディレクティブをまとめてみました。<環境>Vue.js v2 v-text dataの文字列表示。{{}}と同じ意味を持ち、同じ使い方をする。 v-once 一度だけ表示させたい時...
タイトルとURLをコピーしました