JavaScript

JavaScript

【Vue.js】Routerでルーティングする

Routerとは、Vueが用意しているプラグインで、URLとプロジェクトを関連付ける役割をするもの。これによって大規模SPAなどが作れる。 Routerプラグインのセットアップ CLIで、下記のコマンドを実行してRouterプ...
JavaScript

【Vue.js】トランジション効果を持ったアニメーションを実装する

<transition> <transition>は、ひとつの要素しか入れる事ができない。 切り替えを書き込む時は、v-ifを用いること。v-showは、display:none;で画面上非表示になっているだけなの...
JavaScript

【Vue.js】フィルター(filter)とミックスイン(mixin)

フィルター(filter)でテキストをフォーマットする コンポーネント上で、表示したいdataを作成。 mainで、フォーマット形式を定義。第1引数には、フォーマット名、第2引数には関数をかく。 Vue.filter(...
JavaScript

【Vue.js】カスタムディレクティブを使う

ディレクティブとは、v-から始まるVueが提供しているパーツの事です。Vueが提供しているディレクティブについてはこちら↓ Vueが提供してくれているもの以外でも、自分でv-を作成する...
JavaScript

【Vue.js】v-modelでフォーム要素をコントロールする

v-modelの使い方 v-から始まるディレクティブについて書いた記事はこちら↓ 改めて、inputタグとv-modelでデータバインディングをする方法を記載。 lazy修飾子 v-modelに...
JavaScript

【Vue.js】動的コンポーネント

動的にコンポーネントを切り替える方法 componentタグとv-bind:is を使って切り替えを実装する 切り替えを行いたいコンポーネントをインポートしてcomponentsで定義させる。 今回はボタンを設け...
JavaScript

【Vue.js】slotを使ったコンポーネント間のデータ受け渡し

いままでのコンポーネントについての記事はこちら↓ htmlタグを含めて子にデータを送る時 親テンプレート上で、子コンポーネントのタグ内に送りたいHTMLを記載する。{{}}も使用可能。 子...
JavaScript

【Vue.js】console.logでUnexpected console statementが出たときの対処法

console.logを入力するとエラーが起こる時の対処法。このエラーは、ESLintという構文検証ツールが表示させている。 エラーを非表示にするには、console.logの上部に「 eslint-disable-next-li...
JavaScript

【Vue.js】コンポーネント間でのデータ受け渡し

親から子へデータを受け渡す 子コンポーネント上でpropsを使って、親から子へ受け渡しをしたい値の変数名を定義していく。propsはプロパティの略。配列かオブジェクトで記載していく。 propsは「,」カンマで区切る事で、複数...
JavaScript

【Vue.js】コンポーネントの登録方法

Vueは、ひとつのインスタンスにつき、ひとつのテンプレートにしか適用されない仕様です。インスタンスを再利用するときは、コンポーネントを使用します。 コンポーネント登録の方法 グローバル登録とローカル登録があります。 グロ...
タイトルとURLをコピーしました